記事一覧

ランキング登録しています
ご迷惑じゃなければボタンを押してくださいm(_ _)m
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年9月10日 WWE(RAW、SmackDown) 試合結果 感想

【送料無料】WWE レッスルマニア29

【送料無料】WWE レッスルマニア29
価格:7,384円(税込、送料込)




サマースラムの試合結果は一番下にある前週に戻るで確認できますのでそちらで見てください。

ジョンシナリングインしけがの説明。
肘の故障と目の周りが黒くなってた。
正々堂々とやって自分は負けたんだから文句はない。と素直にブライアンを称賛。
そして、ブライアンを呼び込み固い握手。
シナの休場が決定。
復帰は未定、シナの復活ならでかい大会だと思うし、
ロイヤルランブルに照準合わせてくるかな。


続いてははトリプルHがダニエルブライアンを襲撃した理由より。
ビンスマクマホン、トリプルH、ステファニーマクマホンがリング上で揃い立つ中、

トリプルHは先日の行いは会社の為にやったと説明。
あんな小さいやつがチャンピオン??
そんなのチャンピオンにふさわしくない、
だからやったんだと痛烈に批判。
ヒールのトリプルHは活き活きしているように見えるのは俺だけか

そこに発生するダニエルブライアンコール。
それを遮るようにWWEニューチャンピオンであるランディーオートンを呼び込む。
悠々と入場するオートン。

リング内に入るオートン、まずはビンスと握手、そして、トリプルHと握手。
最後に残ったステファニー・・・
お互い気まずい瞬間・・・
そりゃそーだ(笑)

4年前にRKOやら失神させられた後にキスされてますし。
しかし、次の瞬間がっちりとハグ。
っおぉ、ステファニーもヒール化か!!??

オートンのコメント中はYesチャントとブーイング。
そして、自分が王者だと誇示、そして、トリプルHに敬意を示す。

トリプルHは納得できないことがあるならここで話せと、
ダニエルブライアンを呼び込む。
そして、シールドに手を出すなと指示。
観客にも呼び込めとYesチャントを促す。

そこに登場ダニエルブライアン。
リングに向かうも、シールドの襲撃。
トリプルHの安心のウソでした(笑)

3対1ながら善戦するダニエルブライアン。
全員なぎ倒しリングに上がる瞬間、復活したレインズのスピアが直撃。
続々と残りのメンバーが集まりリンチに。
フィニッシュのトリプルパワーボム狙うも制止するトリプルH。
ここまで上がってこいを挑発。
ぼろぼろになりながらリング上に、上がったダニエルブラインにRKO!!!!

全員で両手を挙げて勝利宣言。
勢力はビンスマクマホン & トリプルH & ステファニーマクマホン & シールドって感じか。
ヒールが少し強すぎじゃないか・・・

残ったメンバー計算に入れても正直しんどい・・・
サバイバーシリーズで5VS5やるのかな???
久々に強いヒールだしわくわくやな。

そして、ダニエルブライアンとランディーオートンの抗争がスタート。
SmackDownでも、心理戦は続く。
俺は強い、あんたにも勝てると挑発するブライアン。
そして、もう今日もう一度WWE王者戦がしたいと直訴するも、
次回のPPVまでやるつもりはないと拒否。
そして、去り際RKO狙うもすかさず突き飛ばし、リングにもたれかかったオートンにドロップキック!!
リング外に転落するオートン、かかってこいとブライアン。
前哨戦第1Rはブライアン勝利。

トリプルHの行動によって団体を巻き込み、
ベビー VS ヒールの活動は激化。

ジグラーが上層部の批判をすれば、
すかさず、シールドとのハンディキャップマッチを決定。
善戦するも最後はコーナーにいるレインズにフライングボディーアタック狙うも
逆にスピアーでカウンターくらいカウント3。

続いても上層部批判した ビッグショーに対しジグラーと同様にハンディキャップマッチが組まれる。
最初はパワーで圧倒するし、
二人がかりのブレーンバスターを逆にブレーンバスターで返す荒業出すも、
すぐさまレインズのスピアーを敢行した後トリプルパワーボムで3カウント。

世界ヘビー級戦線では
デルリオがシンカラ対戦するもシンカラが場外戦中に怪我をし続行不可能となり、
デルリオ勝利。

そこに登場リカルド・ロドリゲス先日解雇されたことを恨み、
RVDと結託することに。

RVDとデルリオが多少の攻防するも、ファイブスター・フロッグスプラッシュを狙い、
トップロープに上がった瞬間に逃亡。

SmackDawnにて前回のサマースラムにて対戦した、
デルリオ VS クリスチャンが行われる。
こちらは順当にクロスアーム・ブリーカーにてデルリオの勝利。
ビクトル式腕ひしぎ逆十字固めも見せ、バリエーションは増えている模様。

すぐさま、リカルド・ロドリゲス & RVD登場。
リカルド・ロドリゲスは人を見下さず、みんなから尊敬される人が英雄だ、
お前じゃないと説教する(笑)

後ろから、クリスチャンのミサイルキックが決まり、
そこから、RVDのローリングサンダーがさく裂。


続いての試合は、
ワイアット VS Rトゥルース

今回は介入は少なく、ほぼ1対1の対決。
最後はロープに振った後にボディーアタックで圧殺した後に、
シスター・アビゲイルで決着。
会場はワイアットの雰囲気についていけず完全に静まりかえる。
これはどっちに転ぶかいまだ予想がつかない。

続いてはCMパンクが登場
先日のサマースラムにてレスナーに目が行きポールヘイマンを潰せなかったことを
ヘイマンに謝罪。
それに対して、ヘイマンもすまないと謝罪。
これから、君に対して行われることはとても悲惨だと笑顔に。

CMパンク VS アクセルのストリートマッチ。
最初はサマースラムのダメージが残るCMパンクが押されるも、
椅子攻撃から流れが一転。
最後は場外の鉄階段に膝の代わりに鉄階段を叩きこむGTSを見せ、
アクセルをKO。
ヘイマンは逃亡。







最後の試合は、
ダニエルブライアン VS ウェイド・バレットの対決。
試合形式はケージマッチ。
試合は今の勢い通りとはいかず、バレットペース。
場外に脱出出前でなんとか捕まえ、コナートップロープからの変形パワーボムの後に、
サマースラムのフィニッシュになった膝蹴り(ブサイクへの膝蹴り)で勝利。

ここで謝罪。
ノーロックじゃなくて今、イエスロックだったのですね・・・
最近実況のコメント聞いてて気づいた・・・
イエスロックに戻していたのは気づかなかったです・・・

試合後はケージの回りを回りながら場内と一体化したYESチャントで盛り上がった。
その最中に、リング下から現れたオートンがRKO!!!

前哨戦第2Rはオートンの勝利!!








励みになるので、
少しでも面白いと思いましたらプッシュお願いします♪m(_ _)m




翌週に進む

前週に戻る



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のん

Author:のん
嫁と結婚して4年半・・・
女?? 嫁以外興味なし♪
嫁大好きっす!!!!!!!

その他登山も開始。
登山初めて約2年。
まだまだ初心者ではありますが、
宜しくお願いします♪

リンク、ブロとも大募集です。
こちらも揃って宜しくお願いします★

マイプロテインの紹介コードになります。
VKLZ-R1
これを使えば購入時に割引が利きますので
もし良ければ使って下さい^^

最新トラックバック

カテゴリ

C# (5)

訪問者数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。